初心者が、興味本位で開いてはいけない一眼レフカメラの扉

カメラの話。

今日はカメラの話です。

皆さんは普段どんなカメラを使っていますでしょうか。

スマホのカメラも昔のガラケーに比べたら綺麗な写真が撮れるようになりました。

が、しかし 。筆者は小生意気にも「すごく綺麗な写真が撮りたい人」なんです。

 

 

私のカメラ遍歴。

世の中がフィルムカメラからデジカメへと移行して行った時、デジカメが欲しくなった私は大学の授業で使うという謎の言い訳を残してヨドバシカメラに赴いたのでした。

その時、大学1年生にしては高価なデジカメ 「SONY サイバーショット」 を買ったのを覚えています。

初めてのデジカメで、確かペットのハムスターを撮影したのですが

撮った写真を拡大すると毛の1本1本までよく撮れていて感動したものです。

それから時が流れデジカメも更に軽量化。

サイバーショットが壊れて、次に買ったのがOLYMPUS のデジカメでした。

型は忘れてしまいましたがすごーく望遠が出来る機種でした。

当時の趣味は野球観戦でしたので、そのカメラを持って選手のプレーのみならず横顔にガンガン寄った撮影を楽しんでいました。

遠くにいる選手がまるで隣くらいの距離から撮影したかのような迫力満点の写真にまた感動。

趣味は野球観戦からスノーボードへと変わって、雪山を撮影するように。

そしてそのデジカメが壊れて(多分ボードでコケたのが原因)次に買ったのが、こちらのブログに載せている写真撮影に使っているデジカメ、「OLYMPUS XZ-2」 です。

このXZ-2、デジカメながら当時の私のやりたかった「被写体以外の背景をぼかす」というまるで一眼レフのようなことが出来ちゃうデジカメなんです。

確か2013年頃買ったので、もう古い型なのでしょうがまだまだ現役で頑張っております。

 

そして、カメラの禁断の扉をノックする。

 

 

さて、そんな矢先、私の「もっと綺麗な写真が撮りたい」欲が膨らみまして

親戚の叔父連中も暗室を作るほど趣味にしている「一眼レフ」に手を出してみようかと色々勉強しました。

 

 

でも、大きくて重いと結局どこにも持ち歩かないだろうという結論に至り、

ミラーレス一眼にしてみようかなどと考えていると気づいたのです。

それらはデジカメに比べ物にならない値段だということを。

ちなみに、私が買おうと思ったミラーレス一眼は同じOLYMPUSの「OM-D E-M10 MarkII」 です。

オリンパスのミラーレス一眼ではおすすめの機種らしいです。

見た目も無骨で素敵と一目惚れ。

 

 

こちらは5万円前後で手に入るのですが、上には上があって30とか40とかするものもあるんですね。

こりゃ、たまちゃんのお父さんが休みの日になると愛でながらお手入れするわけだ。(漫画 ちびまる子ちゃんより)

 

というわけで、ちょっとのぞいてみたミラーレス一眼への扉ですが

その先にはいろんな意味で桁違い!未知の世界が広がっていたのでした。

 

 

like box