バレットジャーナルの為のノート  モレスキン ロイヒトトゥルム

バレットジャーナル

最近流行りのバレットジャーナル。

お気に入りのノートとペンがあれば、誰でもいつからでも始められるアナログ手帳です。

私も最近始めました。

中身は自由です。

To Doリスト、マンスリー、ウィークリー、アイディアノート、記録、家計簿などなど自分の好きなように書いていきます。

普通のメモと違うところは、各ページに番号が振られているところとインデックス(もくじ)ページがあることです。

これによって、情報をいち早く見つけることが出来ます。

よく、「あれはどこに書いたんだっけ?」と探すことありませんか?

私はこのバレットジャーナルを始めるまで、数冊のノート、またはスマホの画面メモの中から情報を探していました。

それらの情報を1冊のノート、バレットジャーナルにまとめてからはその探す手間がなくなりました。

そんなオススメのバレットジャーナル、自分の好きなノートで始めてもらって良いのですが、携帯性、耐久性に優れた2種類のノートをオススメしたいと思います。

モレスキン

言わずと知れた高級ノートの1つです。

表紙がしっかりとしており、(ソフトなタイプもあります)

ゴムバンドも付いています。

しおりのヒモは1本。

裏表紙には、切手やメモ、チケットなどを収納できるポケットも付いています。

携帯しやすいサイズ、そしてピカソやゴッホも愛用していたとされる伝統あるノートです。

中身は

▪ プレーン(白紙)

▪ ルールド(罫線付)

▪ スクエアード(方眼)

の3種類があります。

しかし、万年筆とは相性があまりよくなく、裏写りしますので、万年筆ユーザーは別のノートを選択することをオススメします。

ちなみに、私の今使っているバレットジャーナルはモレスキンです。

ボールペンで記入しているので問題はありません。

ロイヒトトリム

こちらは、正にバレットジャーナル向けのノートです。

私が今一番、欲しいノート。

サイズ展開は、A5とA6でカラフルな色の表紙が用意されています。

(amazonで22色確認出来ました。2018年5月)

モレスキンと同様、固い表紙にノートがカバンの中で開いてしまうのを防ぐゴムバンド付き。

裏表紙の収納も付いています。

中身も

▪ プレーン(白紙)

▪ ルールド(罫線付)

▪ スクエアード(方眼)

の3種類があります。

違いといえば、ページ1枚1枚に

番号が予め印刷されているということ、インデックス(もくじ)のページが最初からあることです。

しおりのヒモは2本ついています。

そして、

万年筆の裏写りもありませんので、相性は良いです。

万年筆ユーザーの方は、間違いなくロイヒトトリムで決まりですね。

正にバレットジャーナルの為のノートと言っても過言ではありません。

結論

お気に入りのノートで今日から始める、バレットジャーナル。

要するに、自分の好きなノートで始められる手軽さと自由さ、

カスタマイズ性の高さに海外で火がつき、日本にも広まっているようです。

頭の中がスッキリして、オススメです。

あなたも今日からはじめてみませんか?