レトロ可愛い! ペリカン クラシック M200 カフェクリーム

ペリカン クラシックM200 カフェクリームを購入

万年筆に詳しくない方でもこの名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

「ペリカン」

ペン先と、キャップについたペリカンマークがとっても可愛い万年筆です。

今回ご紹介するのは、そんなペリカンの

クラシック M200 カフェクリーム

なんだか美味しそうな名前です。

初めはペリカンの中でもスーベレーンを買おうと思っていたのですが、、、

あの縦縞が

誰が見てもスーベレーン。

いい意味でも悪い意味でも。

ちょっと人とかぶらないものが欲しいなと思いまして。

いろいろ探していたところ、こちらのカフェクリームちゃんに出会いました。

レトロで可愛い。

大きさも小ぶりで可愛いんです。

女性にはピッタリだと思います。

とても軽くて、お値段もリーズナブル。

どこに行くにでもカバンに忍ばせておきたい感じです。

万年筆の太さの話

太さはEF(極細字)にしました。

ペリカンは極細字でも、カクノの中字くらいあります。

一般的に、日本製の万年筆は細めで外国製の万年筆は太めが多いと聞いたことがあります。(例外あり)

メーカー違いで

左が細字で、右が極細字です。

極細字の方が太いですね。

このように極細字、細字、中字とありますが、メーカーによって太さはマチマチなので、要注意です。

どっちにしろ、もし近所に試し書きのできるお店があるのでしたら、一度試し書きをした上で購入すると失敗がないと思います。

インクを入れてみる

今回はこの万年筆に、ペリカンのターコイズブルーのインクを入れてみることに。

コンバーターではなく、ペリカンの万年筆は吸引式といって初めからコンバーター的なものが本体と一体化しています。

それで軽いのかな?

インクは基本、同じ会社のものを入れています。

壊れたら嫌だからって言うよりは、

同じ会社のインクを使うことによってベストな書き心地になるよう設計されているからです。

まずは、それを味わいたい。

コンバーター搭載の万年筆よりたくさんインクが入った感じがします。

早速書いてみると、、、

ペン先が柔らかい!

ペリカンは他の会社のものより書き味が柔らかいです。

筆圧弱い人にも向いていると思います。

濃淡が出やすく、いかにも

「万年筆で書いている」って感じがします。

インクフローはとても良く、文字に味が出て良い感じです。

また、万年筆は毎日書かないとペン先のインクが乾いて書けなくなるので、基本、毎日書かないといけないのですが、

ペリカンのインクはサラッとしている為か、

1週間ほど書かない日が続いてもペン先のインクが出づらいということはありませんでした。

なので、管理しやすく初心者の方にもオススメの部類に入るのかなと。

まとめ

そんな訳で、

pilot製カクノで万年筆の扉をノックした、そこのあなた。

初めて万年筆を買う、そこのあなた。

ペリカン製万年筆は

手の届くお値段、それでいて万年筆の良さがしっかり味わえて、気軽に使える万年筆としてオススメです。