パイロットさんの万年筆 カクノ 万年筆デビュー

万年筆デビュー

 

パイロット カクノを買った

 

初めて買った万年筆がパイロットさんが出している「カクノ」だった。

すでにリーズナブルな万年筆として人気だったカクノ。

 

万年筆って何だか敷居が高いけど、カクノならボールペンみたいな感覚でペンケースに忍ばせてもいいかも。

と思い、気軽な気持ちで手に取った。

 

そして、カクノを買うと付いてくる付属のカートリッジを差した。

 

「面白い!」

 

私は特別字が上手いわけではないのだが、万年筆で書いた字はどこか味があって素敵に見えた。

絵のような、それだけで作品になったような気がした。

 

 

万年筆インクとの出会い

そして、インクの色。

調べると物凄い種類のインクが売られている。

緑だけでも数種類・・・。

ひとつひとつの色に素敵な名前が付けられ、安価なペンではまず見たことのない何とも言えない色合いだ。

 

 

そう、このカクノは別売りのコンバーターを購入すると好きなインクを入れることができる。

 

この時、またインクを1つも持っていなかった私は、同じパイロットさんが出している「色彩雫」というインクがたくさん色数があると巷で評判だったので購入。

自身が6月生まれだったので、

「紫陽花」アジサイという色のインクにしてみた。

 

 

 

これは、インク沼に落ちる人の気持ちがわかる。

 

まるで香水瓶を買った時のように、特別な気持ちになる。

 

万年筆のペン先

カクノのペン先はステンレスだ。

ちょっとカリカリと固い感じがする。

 

一般的に、万年筆には14金、18金、24金などいろいろなペン先があり、書き心地が違うらしい。

 

「全種類、試し書きしてみたい!」

 

これもまた、万年筆沼に落ちる人の気持ちがわかる。

こうしてズブズブとはまっていくのであった。

 

マイ万年筆

とても気軽に始められる万年筆、カクノ。

 

今まで万年筆とは無縁だった人にこそ、手に取っていただきたい。

何もかしこまった使い方をしなくても良いのです。

 

スケジュール帳や、ちょっとした家族へのメモ、感謝の気持ちを添えた付箋に。

いろいろ普段使いに万年筆を使ってみてください。

 

きっと、字を書くのが楽しくなりますよ。