来年の手帳はシンプルにいこうと思う。

2022年の手帳は決まりましたか

早いもので10月。あと2ヶ月で2021年も終わりです。

来年の手帳ですが、タイトル通り「シンプル」にいこうと思います。

ズバリ、来年の私の手帳は「ほぼ日手帳のplanner」1冊です。

ミナ ペルホネンのカバーが当選したので、今年はそちらにday-freeをセットして使用しておりました。

そこに来年は、英語表記の1日1ページスケジュール帳、plannerをセットしようと思い早速購入しました。

ほぼ日のオンラインストアでは、いくら買っても送料がかかるのでロフトにて購入。

1日1ページからday-freeへ。day-freeから1日1ページへ。

昔は、1日1ページタイプを使用していたのですが今年はday-freeに浮気。

理由は、このday-freeの他に、スタバの手帳、ディズニーの手帳(ダッフィーダイアリー)、ブラウニー手帳、と数冊同時進行で使用していたため1日1ページは書かないなとの判断で、薄手のdayfreeを選択しました。

案の定、薄手で良かったのですが、「見えない1年という時間をほぼ日手帳1冊で視覚化したい!」と思い、再び1日1ページに返り咲き。

 

実は初めてのplanner

1日1ページのほぼ日手帳は数回使用していたのですが、plannerは初めてです。

仕事柄、休日を意識して働くので日本の祝日が記載されていないplannerは最初から選択肢にありませんでした。

でも、今年はオリンピックイヤーでそもそもの祝日が動いたり。

だったら自分で赤いシール貼ればいいんだ!とplannerを使うことへのハードルが下がった次第です。

あと、お値段が数百円お高いのもネックでしたが、まぁ1年12ヶ月で割ったら大したことないかなと。

普通の1日1ページ手帳とplannerの違い

普通の1日1ページのほぼ日手帳とplannerの違いですが、先ほどお話しした「日本の祝日」の記載がないこと。

曜日や月など全て英語記載です。

 

あと、方眼のマス目の大きさが若干違います。

通常盤は3.7mmですが、plannerは4mmとちょっと大きめです。

巻末のおまけページもplanner独自のものになっております。

メモページは赤いドット仕様です。

気になる方は、ほぼ日手帳の公式ガイドブックに詳しく解説されていますので、チェックしてみてくださいね。

like box

フォローする