マイベスト ペンケース

ベストなペンケースとは

学生の頃以来、大人になってからはペンケースは使っていないという方も多いと思います。

でも、出先で筆記具が必要になったり、書きたくなったりして。

ハダカのままペンをカバンに放り込むのもなんだかなぁ。と思ってペンケースを購入することにしました。

 

そこで、ふと思いました。

自分にとってベストなペンケースとはなんぞや、と。

私がペンケースに求める条件

  • ちょっと頑張れば、片手で開け閉めできる。(書きたいときはスピード、利便性が大事!)
  • 消しゴムが入る。(大人だってシャーペン使う!消したいときもある!)
  • 安いペンと高いペンを分けて入れられる。(ペン同士がぶつかり合い、傷がつくのが嫌!でも、そんな大事なペンこそ持ち歩きたい!)

こんな欲望を満たしてくれるペンケースは見つかるのでしょうか。

1〜2本入るスリムなペンケース

スリム ペンケース

 

まず、第一候補はスリムなペンケースです。

荷物は誰だって軽くしたいもの。

ですので、入る量はせいぜい2本で、頑張っても4本。

 

  1. スリムなので入れすぎると不恰好だし奥のペンが出しにくい。
  2. 消しゴムが入らない(無理やり入れるとジッパーが壊れそう)

 

そして、やはり、あれもこれも入れたくなってしまうのでスタメンを2本選抜出来ず、却下しました。

手帳型ペンケース

フラット ペンケース

有名なところで「つくしペンケース」があります。

四角く、周りをぐるりとジッパーで開け閉め。

パタンと180度開くとフラットになるペンケースです。

これは一目でどのペンがどこにあるかわかるし、すごく良い!と思ったのですが。。。

  1. 使うたびにジッパーを1周開けないと開かないのが面倒。
  2. 必ず両手を使わないと開けられないのが不便。

ペンケースの上部だけ開けたままでの使用も考えましたが、下に収納された消しゴムが取り出しにくくダメでした。

ロール型ペンケース

ロール ペンケース

これ、格好いいですよね。

くるくるっと巻いて収納するタイプのペンケースです。

見た目はすごく好きなんですが、これも私は使いずらかったです。

  1. 片手でペンを素早く取り出せない。
  2. ペンケースを開くと結構な場所が必要。
  3. ペン先部分に保護するための布がついていて、ペンの出し入れに時間がかかる。
  4. 中身が丸見えになってしまう。

このような理由から却下となりました。

広い場所でゆっくり絵を描く人なんかにはぴったりのペンケースだとは思います。

コンサイス ペンケース ベロウズ

ジャバラ式に出し入れするタイプのペンケースです。

斬新。

消しゴムも入るし、ペン同士がぶつかり合わないので「これは良い!」と思いました。

ギリギリまで悩みましたが、

  1. 使用するとき広げなくてはいけないので、場所を必要とする。
  2. 片手でアクセスしずらい。
  3. ジャバラを戻すのが面倒。
  4. どんなペンを持っているか丸見えで若干恥ずかしい。

といった理由から惜しくも却下。

レイメイ藤井 ペンケース クルマーレ

 

本体とは別に、包む部分にもペンが収納できるペンケースです。

ペンを収納できるところが2箇所にわかれていて、傷つかないように1本ずつ挿すところもある。←いいね!

マグネットで開け閉めできるので片手でも使えます。←いいね!

とても軽い素材で出来ているので、たくさん入れてもあまり重くなりません。←いいね!

小さいポケットが3ヶ所ついているので、消しゴムやKITTA、クリップなど細かいものを収納できます。←いいね!

ダズミ
これこそ、私の求めていたペンケースです!

 

ちなみに私は、中のファスナーは閉めずに、クルッとふたを巻いて持ち歩いています。

片手でさっとペンが出せて、非常に快適です。

大切な万年筆は4本まで収納可能です。

人によってペンケースに求める条件は様々ですが、自分にとっての「ベストペンケース」を是非、見つけてみてください。

like box

フォローする