辞書のように分厚いノート。

薄い手帳を持ちながら、分厚い手帳に憧れる

先日、近所の喫茶店でなんともおしゃれな叔母様が一人、窓際の席に座られておりました。

テーブルには、それはそれは分厚いノートが一冊。

外から見てもわかるくらい、年季が入っている感じのノートです。

大きさは小さめの辞書くらい(B6くらい)なのですが、厚さも辞書クラス。

ハードカバーで、綺麗な表紙でした。

「一体何が書き記されているのか。。。」

非常に気になりました。が、話しかけるわけにもいかず。

その叔母様は帰っていかれたのですが。

私の今の手帳は「ほぼ日手帳 avec」

私の今現在のメイン手帳はほぼ日手帳のavecです。

7月から12月まで、半年分の1日1ページ手帳ですので薄いです。

 

自分としては薄い手帳にしておきながら、魔女の持ち物のような分厚いノートにも憧れる。

あのノート(手帳)はどこのメーカーのものだったのでしょうか。

気になって調べて見ました。

 

条件は

  1. 分厚い
  2. ハードカバーである
  3. 表紙のデザインがおしゃれ
ダズミ
では、早速見ていきましょう!

ペーパーブランクス

書籍のようなデザインノート。

まさに魔女が使っていそうな素敵なノートです。

そして、ものすごい数のバリエーション豊かなデザインがあります。

 

厚さがそこまでないので、これではなさそうです。

でも、とても綺麗なノートなので、プレゼントには最適ですね。

 

こんなノートもありました

もしかして、私の見たものはノートではなく、「本」だったのではないかと今になって思ってきました。

 

モレスキン デイリーダイアリー

これはモレスキンの1日1ページタイプのノートです。

厚みはなさそうに見えますが、3cm程あります。

 
ページ数は400ページです。
同じ400ページのもので、日付やカレンダーのないいわゆる普通のモレスキンノート、その名も「エクスパンデッド」というノートもありました。

 

 
 
ダズミ
上が普通のノートのエクスパンデッド。下が日付が記載されているデイリーダイアリーです。

 

 

 

結果

結果、叔母様のノートがどれだったのかはいまだに謎のままです。

そして、モレスキンの1日1ページが気になっている私がいます。

絶対重いってわかっているのに!

ダズミ
次回、「モレスキン デイリーダイアリーと私」!?
 
 

like box