プラチナ万年筆 プロシオン M 中字 レビュー インクの吸引が感動的!

「プラチナ万年筆 PROCYON M 中字 ターコイズブルー」のレビューを紹介したいと思います。

「M 中字」の書き心地

この度、「日本文具大賞2019 機能部門」にてグランプリに輝いた、話題の万年筆「プロシオン」を手に入れました。

ペン先はステンレス製ですが、とてもしなやかな書き心地です。

ほぼ日手帳に試し書きしてみました。

インクは「Kobe INK 物語」の第19集「湊川ライム」を使用。

インクフロー(筆記時のインクの出方)もとても良く、とても気に入りました。

程よくしなって、ステンレス製(通常は硬い)とは思えないペン先です。

外見

色展開は5色あるうち、このターコイズブルーを選びました。

結構濃いめの色なので、個性的だと思います。

 

光沢はなく、触り心地はマットです。

ダズミ
サラサラしてて、気持ちいい触り心地です。

おすすめポイント No.1 インク吸引口

この万年筆で、一番感動したポイントです。

コンバーターを取り付け、インクをボトルから吸引する際の吸引口の位置がとても低く作られています。

これによって、ペン先をどっぷりインクの中に浸けなくても、この穴まで浸せばインクを吸引できます。

吸引後の拭き取りが非常に楽です。

全ての万年筆に標準装備して欲しいくらいの便利さです。

おすすめポイント No.2 ペン先

ペン先はこのような感じで、ステンレスの銀色です。

プラチナ万年筆の「p」が彫ってあります。

非常にシンプルです。

 

そして、「スリップシール機構」搭載。

キャップを閉めると通常の万年筆とは違って、しっかり密封してくれます。

これによって、しばらく書かない期間があってもインクが劣化しにくく、フレッシュな状態で書き出すことができます。

 

ですので、「久しぶりに万年筆出したら中でインクが乾いてた」とか「ペン先が乾いてインクがうまく出てこない」といったことがほぼないと思われます。

ダズミ
別にもう1本、「スリップシール機構」搭載の万年筆を持っていますが、数ヶ月ぶりに書いてもスラスラ書けました。おすすめです。

おすすめポイント No.3 キャップ

キャップはくるくると回して取り外しするスクリュータイプです。

 

こちらのキャップ、閉めるとき、すごく気持ち良いです。

機械とか好きな方は「キュン」とするかもしれません。

実際に手にとっていただかないと、なかなか伝わらないとは思うのですが、例えて言うのであれば「ナット」をくるくると回して閉める感覚です。

「クルクル」→「スゥー」収納完了!気持ちいい!

手に持った感じ

キャップを後ろに付けなくても軽くて書きやすいです。

キャップを装着すると絶妙なバランス、重さでさらに書きやすくなりました。

初回限定品

この度、初回限定ロットにのみ付属されているカートリッジを運良く手に入れることが出来ました。

非売品です。

「ミクサブルインク スペシャルカラー」と言うことで、オリジナルにブレンドされた限定カラーのカートリッジインク3色と通常のブラックが1つ付いていました。

裏面には、インクを調合した比率が記載されています。

 

もったいなくて、いまだに使えていません。

総合的にとても気に入りました

書き心地や見た目を追求していくと数万円はくだらない万年筆。

「プロシオン」はとても良心的な価格設定で、新機能満載の素晴らしいペンです。

買ってよかったと思いました。

是非、話題の万年筆を手にとってみてください。

 

like box