紙を逆さにしてもスラスラ書ける! フィールドワークに最適な、加圧式 ボールペン Down force

 

ダズミ
今回は、悪天候、悪条件の中でもスラスラ書けちゃうボールペンを紹介したいと思います。

こちらは、パイロットさんから出ている「Down force」というボールペンです。

替芯も手に入れやすいので、使いやすいです!

濡れた紙など悪条件でも書けるボールペン

日々、何気なく使っているボールペン。

リーズナブルなものから高級ラインまで様々です。

ちなみに私は、

安くて構わないので、書きやすいボールペンを好んで選んでおります。

欲を言えば

  • 濡れた紙でも書ける
  • 紙を立てた状態でも書き続けることができる
  • 温度に左右されずに書ける

そして、そんなワガママを叶えてくれるボールペンを見つけました。

加圧式ボールペン

そんな矢先、「加圧式ボールペン」の存在を知りました。

どうやら圧力でインクを押し出すので、垂直な面や逆さまでもスラスラ書けるとか。

濡れた紙にも書けるので、アウトドア好きな人には最適なボールペンです。

 

私もどちらかというとスノーボードや山登り、キャンプなどアウトドア派なので、これは是非手に入れておきたいボールペンだと思いました。

 

しかもそんなすごい仕組みのペンなのに、数百円で買えちゃうんです!

ダズミ
安い!!!

 

普通のボールペンと何が違うのか?実際に試してみました

壁掛けカレンダーに文字を書いていると途中で書けなくなったりしますよね。

そもそもボールペンのインクというのは重力で落ちてくるから書ける仕組みらしいです。

なのでペン先はいつも下向きでないと、連続した筆記は不可能でした。

 

が、加圧ボールペンならノックをした瞬間に内部に圧力がかかるので

垂直な面や天井を向けても書けちゃいます。

 

紙をやや上に構えてペン先が上がるように書いてみた実験です。

右が普通のボールペンで書いたものです。

4行目から書けなくなりました。

 

一方、加圧ボールペンは延々と書くことが出来ました。

6行しか書いていませんが、まだまだ書けます。

たぶん、中のインクがなくなるまで途切れることなく書けます。

ダズミ
すごい実力だね!

メーカー

そんな便利な加圧ボールペンですが、いろんなメーカーさんから出ています。

  • パイロット 「ダウンフォース」
  • 三菱鉛筆 「パワータンク」
  • トンボ鉛筆 「エアプレス」

ちなみに私は、

専用の替芯ではなく、通常のパイロットの替芯が使えるので良いかなと思い、

パイロットさんのダウンフォースにしました。

芯を出しっぱなしにする人は要注意

最後に、ノック式ボールペンの芯を長い時間出しっぱなしにする人にはこの加圧式ボールペンはちょっと注意があります。

ノックすると圧がかかるため、書かずに放置しておくとペン先からインクが少し出てきます。

それで気づかずに、私は手や机を汚してしまいました。

(使用上の注意としても、ノックしたまま放置しないようにと記されております)

それでもおすすめ

それでも、

  1. 書き出しからくっきり筆記ができる!
  2. 濡れた紙でもOK!(調理師さんに超おすすめです!)
  3. 上に向けて書いてもインクが逆流しない!
  4. 氷点下でも筆記出来る!

 

と、魅力いっぱいな加圧ボールペン。

1本は持っておきたい筆記具です。

 

like box